コンテンツへスキップ

吉國秀人,生田国一
〔キーワード〕三態変化,ルール,教授活動,小学生,誤認識
本研究では,「物質が三態変化する(個体⇔液体⇔気体)」というルールの学習場面を取り上げた。本研究の仮説は,仮説1「授業前の小学生においては,物質の状態変化に関する誤認識が認められるだろう」,仮説2「水以外の物質を含めて三態変化を教授することにより,状態変化に関する誤認識が修正されるだろう」であった。これらの仮説を検証するために,小学4年生32名を対象に,事前調査,教授活動・事後調査が実施された。その結果,以下のような結果が得られた。(1)事前調査時には「加熱しても液体にも気体にも変化しない」などの誤認識を有していた。(2)「加熱すれば液体へ変化し,さらに強く加熱すれば気体へと状態は変化する」という認識へ,誤認識が修正された。(3)水の三態に関する理解も十分なされた。(4)全体の54%の者が,ルール「物は三態変化する」を一貫して適用できるようになり「ルール理解者」とみなされた。これらの結果から,仮説1ののみが支持され,「気体への変化」に関するプラン改善の必要性が考察された。

進藤聡彦,中込裕理
〔キーワード〕発展的な学習,誤概念,多角形の内角の和,納得の過程
小学校5年生の算数では,図形の性質として多角形の内角の和が取り上げられる。本稿では,この内容の発展的な学習として,星形十角形の内角の和を求める過程を取り上げた授業実践を報告し,その内容が発展的な学習に適っているか否かについて検討した。その際,180°以上の内角(以下,優角)をもつ図形について,児童はそれらを内角と認めない適用範囲の縮小過剰型の誤概念をもつことが予想された。この点について事前調査を行ったところ,予想を支持する結果が得られた。この誤概念を利用すると同時に,優角をもつ内角をそれとして認めさせることに焦点を当て,授業実践と結果の分析を行った。その結果,既習の内角の和を手掛かりに優角も内角であることに納得する傾向が明らかになった。また,誤概念が学習を興味・関心のあるものにすると同時に,その修正は図形の外延の拡大にも資することが示された。こうした結果から,星形十角形の内角の和を求める過程を取り上げた学習は,図形の性質の学習に関する発展的な学習として適っていることが示唆された。

石田智恵美
〔キーワード〕動的なプログラム学習,発問生成,知識の構造化,看護学実習
プログラム学習は、目標到達値までの学習内容が系統的かつ細かいステップに配列された、シートもしくはティーチングマシーンを使って学習する学習方式である。教材作成においては、当然のことながら学習目標、内容が固定されていることが前提となる。本研究では、プログラム学習を、学習目標、内容、方法(教材)が刻々と変化する看護学実習においても適用できるよう改良を試み、教授活動を行った。その有効性の確認のために、教師と看護学生の会話をプロトコル分析し、動的なプログラム学習の提案を目的としている。その結果、教材によって変化する学習者の着目点、会話中の応答から推測される学習者の知識構造の変化に応じて、その都度かつ瞬時に、学習目標・内容を組み立て直すことにより、流動的な状況下においてもプログラム学習は可能となることが明らかになった。一方、推測される学習者の知識構造は、教授者の知識構造が反映されたものである。そのため、教授者の知識構造の範囲を超えた場合の対応について、今後検討すべき課題として残された。

伊藤達彦
〔キーワード〕時差,教材の開発,授業,中学生
「時差」は中学1年の社会科で扱われる内容である。しかし著者の予備的研究では,大学生でも時差に関する問題を解決できない者が多いことが示されている。本研究は,中学生が時差について理解できるような教材を開発し,実際に授業を行うことでその効果を検討した。開発された教材は,①地球の自転に伴う昼夜のでき方の知識と結びつける,②北極を中心にして地球を俯瞰的に捉えた図を用いる,③その略図を描いて時差を考えるという方略を教える,④日付変更線を「時刻の先頭」と意味づける,⑤課題配列を工夫する,などの特徴を持っていた。この教材を用いて13名の中学生に対して90分間の授業を行った。時差に関する事前テストの正答率は約20%であったが,授業1週間後に実施した把持テストでは約90%に上昇した。また生徒がこの授業を面白く理解しやすいものと受け止めたことが,授業後のアンケートならびに感想から示された。

作間慎一
〔キーワード〕説明文の指導,事例拡大指導,一般的知識一事例的知識構造,外延的理解
<p>本論文では,説明文の理解を促す事例拡大指導について報告する。すなわち,一般的知識-事例的知識構造をもった説明文について,説明文に述べられた一般的知識の内包的な理解の指導に止めることなく,説明文には書かれていない新しい事例を学習対象とする事例拡大指導を行うことで,外延的な理解と興味・関心を促すことが期待される。そこで,一般的知識一事例的知識構造をもつ説明文『地図が見せる世界』を教材にして,教材文には取り上げられていない地図6種類を拡大事例とした指導を小学5年生を対象に行った。授業は,説明文の指導をまず行い,その後,拡大事例の地図に関わる予想や,提示した地図に関する応答を求めた。拡大事例に対する児童の応答と,授業後の感想文によると,拡大事例に対して外延的な理解が少なからず示されたこと,拡大事例に対する興味が示されたことがわかった。通常なされる要約指導が説明文の内包的理解に閉じがちであったのに対して,事例拡大指導は,説明文の外延的理解を促す方法として有効であると考えられる。