コンテンツへスキップ

吉國秀人,生田国一
〔キーワード〕三態変化,ルール,教授活動,小学生,誤認識
本研究では,「物質が三態変化する(個体⇔液体⇔気体)」というルールの学習場面を取り上げた。本研究の仮説は,仮説1「授業前の小学生においては,物質の状態変化に関する誤認識が認められるだろう」,仮説2「水以外の物質を含めて三態変化を教授することにより,状態変化に関する誤認識が修正されるだろう」であった。これらの仮説を検証するために,小学4年生32名を対象に,事前調査,教授活動・事後調査が実施された。その結果,以下のような結果が得られた。(1)事前調査時には「加熱しても液体にも気体にも変化しない」などの誤認識を有していた。(2)「加熱すれば液体へ変化し,さらに強く加熱すれば気体へと状態は変化する」という認識へ,誤認識が修正された。(3)水の三態に関する理解も十分なされた。(4)全体の54%の者が,ルール「物は三態変化する」を一貫して適用できるようになり「ルール理解者」とみなされた。これらの結果から,仮説1ののみが支持され,「気体への変化」に関するプラン改善の必要性が考察された。

進藤聡彦,中込裕理
〔キーワード〕発展的な学習,誤概念,多角形の内角の和,納得の過程
小学校5年生の算数では,図形の性質として多角形の内角の和が取り上げられる。本稿では,この内容の発展的な学習として,星形十角形の内角の和を求める過程を取り上げた授業実践を報告し,その内容が発展的な学習に適っているか否かについて検討した。その際,180°以上の内角(以下,優角)をもつ図形について,児童はそれらを内角と認めない適用範囲の縮小過剰型の誤概念をもつことが予想された。この点について事前調査を行ったところ,予想を支持する結果が得られた。この誤概念を利用すると同時に,優角をもつ内角をそれとして認めさせることに焦点を当て,授業実践と結果の分析を行った。その結果,既習の内角の和を手掛かりに優角も内角であることに納得する傾向が明らかになった。また,誤概念が学習を興味・関心のあるものにすると同時に,その修正は図形の外延の拡大にも資することが示された。こうした結果から,星形十角形の内角の和を求める過程を取り上げた学習は,図形の性質の学習に関する発展的な学習として適っていることが示唆された。