コンテンツへスキップ

舛田弘子
〔キーワード〕説明的文章,読解,観点,道徳的読解スキーマ(MRS)
本研究は,説明的文章の読解に及ぼす「観点」の影響を調べたものである。調査1では,被験者は,説明的文章について,要約文と意見文を書くよう教示された。要約文によって読解内容が,意見文によって観点が測定された。主な結果として,要約のIUと連接関係から,文章の拾い読みを行っている可能性のある読者が,全体の半数程度であることがわかった。また,適切に読解を行った群の方が主旨をよりよく記述していたのに対し,不適切な読解を行った群では,道徳・教訓的などの不適切な観点を示す傾向があった。調査2では,被験者は,調査1と同じ文章について,著者の意図を回答するよう教示された。この課題によって,文章の理解を促進させることが意図された。結果として,適切な読解を行った群は6割未満であり,この課題に適切な読解を行わせる有意な効果はなかったことが示された。適切な読解を行った群は,不適切である群と比べて,観点数が少なく,観点の質では,より適切であることが示された。これらの結果から,「説明的な文章の読解の不適切さ」は,「形式的・事実確認的な読み」に失敗したために,読者が自分なりの不適切な「観点」,例えば「Moral Reading Schema:MRS」などを多用したことの結果として生じたと考えられる。

佐藤淳
〔キーワード〕授業方略,ルール学習,マトリックス法,「擬似例外」の正事例化
同値のルール(p≡q)の適用を促進する方法のひとつとして,ルールを支持しない命題の妥当性が低いことを,ルール命題と対比的に教示していくマトリックス法が提唱されている。しかし,これまでの研究により,「擬似例外」〈実際にはルールの例外ではないが,学習者が誤って例外と捉えている現象または事例)が具体的に想起された場合は,マトリックス法の効果が減ぜられることも明らかになっている。本研究では,この間題点への対処法の効果が検討された。2つの実験を通して,これまでのマトリックスによるルールの解説に加え,そのマトリックスを利用して「擬似例外」の正事例化(「擬似例外」が,一見例外のように見えても実はルールの正事例となる理由を説明する手続き)を行うことが,ルール命題の適用範囲の拡大をいっそう促進することが示された。そして,この対処法を含むことで,「擬似例外」を正事例と見直す傾向が強まる可能性が示唆され,また「擬似例外」がなお想起されている場合でもマトリックス法の有効性が減じられない可能性もあることが示唆された。

有竹勇人,蒔田俊介
〔キーワード〕誤った知識,概念変化,種子植物,分類枠組み,大学生
チューリップは普通球根を植えることが多いため,チューリップにたねはできないと考える学習者が多い。麻柄(1990)はたねができるにもかかわらず球根を植える理由を説明することで,このような誤概念が修正されやすくなることを明らかにした。しかしその効果はチューリップに限定的であり,ヒヤシンスやジャガイモに関してはたねができないという判断が残った。本研究では麻柄(1990)の説明に加え,植物は種子で増える植物(種子植物)と,胞子で増える植物(胞子植物)の2種類からなるという分類枠組みを提示することの効果を検討した。その結果,チューリップに限定されず,ヒヤシンスやジャガイモ等にもたねができるという判断が大幅に増えた。「分類枠組み」と「チューリップではたねができるにもかかわらず球根を植える理由」の説明がそれぞれ学習者の思考プロセスをどう援助しているかを考察した。

知久馬義朗,中馬和彦
流通経済史の基本的法則の学習テキストを開発した。構成にあたっては,言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験の3要素の充足と有機的関連づけに配慮した。授業の結果,ほぼ全員が法則を問題解決に正しく適用できるようになったことが確かめられたが,自発的な仮説検証的活動の成立までは認められなかった。生活者の体験については,所期の期待通りに,日常生活の延長線上にある体験を全身的活動として行うことで,問題解決に必要な前提を造り出せることが確認された。言葉の操作については,法則の適用と使い分けに習熟する問題演習の必要性が示唆された。科学者の体験については,法則の正しさを直接支えるデータ群の処理に関わるだけでなく,全身的活動を通して子どもたちが雑多なデータ群を効率よく獲得できることが重要と考えられた。
〔キーワード〕言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験,法則学習,テキスト

作間慎一
〔キーワード〕文学作品,アスペクトの転換,発見,『鹿』,児童
文学作品について学習者が当初にもったアスペクトが新しいアスペクトに転換することを学習目標に設定する意義と,その実現のための指導法について検討した実践研究である。詩『鹿』(村野四郎)に当初のアスペクトをもった小学6年生に対して,新しいアスペクトに関わる,詩句の意味と枠組みを提供した上で,未教示の語句の新たな意味の発見を働きかける指導を2授業時間行った。授業において一部の詩句の新たな意味を発見できたことと,授業後の感想では新しいアスペクトを得たと思われる記述が多数みられたこと,本詩や詩を学ぶおもしろさがあったとの記述が少なくなかったことなどの結果を得ることができた。今回,目標の達成と指導の適切さを検討するためのデータ収集の不十分さがあったが,文学作品の指導においてアスペクトの転換を目標にしたことの意義と,その指導法として作品理解に関わる枠組みの提示と,それによる詩句の意味の発見を働きかける効果について一応明らかにすることができたと思われる。

佐藤淳
〔キーワード〕授業方略,ルール学習,マトリックス法,「擬似例外」の想起
提示したルール(p≡q)を課題解決へ促進的に適用させる方略の一つとして,マトリックス法が提唱されている。この方法は,Pと非p×qと非qの4つのセルからなるマトリックスを用いて,ルールの不支持命題(pで非q,非pでq)の妥当性を減じ,事象pとqとの間の緊密な共変関係を認識させることで,ルール命題の信頼感と有用感を高め・課題への適用を促そうとするものである。本研究では,この方法による学習中に,「擬似例外」(ルールの例外ではないが学習者が誤って例外と認識する現象または事例)が想起されていた場合,マトリックス法の効果が維持されるかどうかを検討して,その有効性を左右する条件の一つを明らかにしようとした。実験の結果から,「擬似例外」が想起された場合は,そうでない場合よりもマトリックス法の効果は減少することが示された。しかし一方で,マトリックス法を用いて「擬似例外」を正事例化すれば,「擬似例外」の想起の有無に関わらずその効果が維持される可能性があるとの示唆を得た。

立木徹,伏見陽児
〔キーワード〕誤概念,論理変換操作,ルール
学習者が学習内容に関して誤概念を有しており,それが学習成果に大きく影響を及ぼすことは,今や常識と呼べるまでになっている。これまで学習者の誤概念を修正するためにさまぎまな教授方略の有効性が検討されてきた。そこでの効果はおもにテスト得点の伸びという測度で評価されている。本研究の目的は,それらの実験においてテスト得点の伸びを抑制していたのは,誤概念に対する学習者のこだわりだけではなく,彼らの論理変換操作の不十分さもあったのではないかという問題を検討することにあった。「金属ならば電気を通す」というルールを取り上げ,大学生を対象に実験を行った。その結果,(1)教材文の記述内容〈ルール)から論理変換する操作を適切にはできない大学生が少なからず存在すること,(2)事後テスト得点には,誤概念に対するこだわりよりも,読み物内容からの論理変換操作の不十分さが強く関わっていたこと,等が示された。テスト得点を従属変数として実験を行い,学習者の誤概念に学習成果抑制の原因を帰属させていた研究結果についても,学習者の論理変換操作の不十分さという観点も考慮した再分析を行う必要があることが指摘された。

高垣マユミ,田爪宏二,森本信也,加藤圭司
〔キーワード〕仮説検証型の問題志向の討論,教授方略,グループによる協同学習,概念変化,トランザクティブディスカッション
<p>本研究では,小学校6年の理科「水溶液の性質」の単元において,「仮説検証型の問題志向の討論」を組み込んだ理科授業の教授効果を,事前・事後テストの質問紙における概念変化の観点から検討した。加えて,小グループの協同学習における実験場面を観察し,授業過程において,具体的にどのようなプロセスを経て自らの思考を変化させていくのかを明らかにすることで,授業前後の概念変化と授業過程における相互作用との関連について検討を行った。その具体的な手続きとしては,グループ活動の特定の文脈における理解プロセスに焦点を当てて,Transactive Discussion(Berkowitz&Gibbs,1983)の分析を手がかりに,個々の場面の発話や行為の生成の意味を微視発生的に解釈した。これらの量的・質的分析の両側面の結果から,新たに以下の現象が浮き彫りにされた。①仮説の検証過程では,児童が自発的にメンバー間の不完全な発話をオーバーラッピングし,統合しながら繋いでいく行為が出現し,そのプロセスにおいて科学的概念が協同構築されていった。②事後テストでは,授業過程においてグループのメンバーから精緻化されたり,矛盾を指摘されたりした内容が,主体的に個人内の知識に意味づけられる形で取り込まれていることが確認された。

佐藤誠子
〔キーワード〕面積大小判断,等周長変形課題,保存概念,小学6年生
<p>底辺を固定したまま長方形枠を平行四辺形に変形させたときの面積の変化を問う「等周長変形課題」は,求積公式を適用することで解決可能であるにも関わらず,「面積同じ」と判断する誤りが多くみられる。このことに関して,等周長変形課題では求積公式に関する知識よりも保存概念の方が活性化されやすく,それが面積判断に不適切に適用されるためであると想定した。そうした場合,公式を適用した問題解決が可能になるには,概念の不適切な適用を抑制させる必要があると思われる。そこで,本研究では,面積学習後の小学6年生を対象に,等周長変形課題の3次元化による面積変化の提示が,保存概念の不適切な適用を抑制し,結宋的に公式に依拠した正しい判断へと導くかどうかを検証した。その結果,面積変化を提示された群では等周長変形課題の正答率が上昇し,事前から事後にかけて誤答から正答に変容した老が多いことが示された。しかし一方,正答率が低下した問題もみられた。等周長変形の面積変化の提示の際,学習者は高さの変化よりも形の変化に着目し,「長方形から平行四辺形に変わったら面積は小さくなる」という知識を形成している可能性があることが示唆された。

工藤与志文
〔キーワード〕誤前提課題,教授学習研究,知識評価法,知識水準,知識の制御的適用
「誤前提課題」とは,学習材料の内容と矛盾する誤った前提にもとづく質問に対して答えるよう,学習者に求める形式の課題である。この課題に正答するためには,学習者は質問に直接答えるのではなく,質問の前提が誤りであることを指摘できなければならない。これまでいくつかの教授学習実験において,教授効果の評価のために,このタイプの課題が用いられている。本論文の目的は誤前提課題を用いた6つの研究の結果を概観することであった。検討の結果,誤前提課題は再生課題や転移課題よりも解決が困難であり,教授変数,特に知識の関連づけを促進する教授の効果を最も鋭敏に検出できることがわかった。上記のことから,(1)誤前提課題は,再生課題や転移課題とは異なる知識評価法として利用可能であること(2〉誤前提課題に正答できた学習者は,獲得した知識を推論過程の制御に適用できる知識水準にあること(3)知識の制御的適用を促進するには,知識の相互関連性の教授が有効であることが示唆された。最後に,今後の研究や教育実践に与える寄与について論じられた。