コンテンツへスキップ

伏見陽児,立木徹
〔キーワード〕誤概念,論理変換操作,提示事例,概念の学習
本実験は,伏見・立木(2009)の研究結果をふまえ,焦点事例の違いという要因が,学習者の信念や論理変換操作,事後テストに及ぼす影響をさらに検討したものである。「緑の植物(種子植物)は花を咲かせ,花の咲いていたところに種子をつける」というルールを取り上げ,大学生206人を対象に実験を行った。実験は,事前テスト,文章教材の読み取り,操作課題,信念課題,事後テストの順に実施された。2種の文章教材を用意し,一方の群には学習者の既有知識(誤概念)と抵触する事例(サツマイモ)を,他方の群には誤概念と抵触しない事例(アサガオ)を用いてルールを説明した。その結果,〈1)提示事例の違いは操作課題,信念課題の遂行に影響を及ぽさないこと,(2)誤概念と抵触する事例(サツマイモ)を用いる効果はおもに正誤群(操作課題に正答,信念課題に誤答)の事後テスト得点の伸びに現れることが示された。伏見・立木(2009)と同様の結果が得られた。抵触する事例を用いることの効果は、誤概念にこだわりを持ちつつも事後テストに正答できるようになる点にあると解釈された。

伏見陽児,立木徹
〔キーワード〕科学的知識の学習,情感の生起,大学生
本研究の目的は「科学的知識の学習は情感の生起に関係する」という考えを実証することにある。実験1では大学生40人を対象にして「人間の背骨」の特徴を記述した読み物教材を読ませた。その結果,当該学習内容をより良く学習した者の方が,そうではなかった者に比べ,人間の背骨の仕組みに「すごさ」「すばらしさ」などの情感をより多く生起させた。実験2では大学生80人を対象に「親潮と黒潮の特徴」という内容が「気体の溶解度」と関連づけられた場合の情感の生起について検討した。実験の結果,2つが関連づけられると,関連づけられなかった場合に比べ,自然の仕組みのすばらしさや美しさに強い情感を生起させる者が多く生じた。

林原慎
〔キーワード〕国際理解,参加型学習,ビッグ・ファイブ,認知的熟慮性-衝動性,小学生
本研究の目的は,近年,多く実施されるようになった参加型学習を取り入れた国際理解教育において,児童の性別,経験,背景,主要5因子説(ビッグ・ファイブ)の性格,認知的熟慮性-衝動性がどのように影響するのかを実証的に明らかにすることであった。研究の結果,小学校5年生(70名)では,性別,経験(海外旅行経験,英会話教室への参加経験),背景(友人,親戚,教貝の数)は,授業理解度と国際理解の意識に影響を与えないことが分かった。一方,協調性および熟慮性は国際理解の意識に影響していた。協調性,統制性および熟慮性は授業理解度に影響していた。また,参加型学習の活動のみに満足した児童は,参加型学習の内容に満足した児童よりも効果が低いことが分かった。活動のみに満足した児童は,他の児童に比べ,統制性と熟慮性が有意に低かった。内容に着目できている児童は授業理解度において得点が高かった。結果として,授業の効果は児童によって差があることが分かった。

小石川秀一
〔キーワード〕教員養成課程,理科教育,認識の転換,小学校教員志望学生,光合成学習
小学校教員養成課程で行われる教育により、理科教育に対する学生の認識はいかに変化するのか。本実践では、光合成学習を例にこの問題を検討した。まず、理科指導法を受講する小学校教員志望学生を対象に、光合成に関する認識調査を実施した。その結果、「光合成するのは葉」という事実は知っているものの、個別的な知識に基づく判断が中心であり、小学校での体験以上の認識が育っていないことが伺われた。体験的な学習の積み重ねをする小学校の教育は、その後の学習体験において相当に重要な役割を果たすが、それを乗り越える認識の形成はなされていないようであった。そこで、ヨウソ反応実験などを通じて、光合成=葉という認識を超えることを目標とする授業プランを作成・実践し、光合成に関する認識を広げていくことを目ざした。授業後の感想文の分析から、学生たちの光合成に関する知識が広がっただけでなく、理科および理科教育に関する認識の転換が生じたことが伺えた。学生が形成している認識の実態を把握するとともに、それを転換していくような教育をおこなうことが教員養成課程において大切である。