コンテンツへスキップ

岡田いずみ
〔キーワード〕英文和訳,日本人的な誤り,逐語的置き換え方略,専門学校生
英語における日本人的な誤りについては,和文英訳が多く取り上げられてきたが,本研究では英文和訳を取り上げた。Can you hear me? やListen to him.などの文は,簡単な文であるが,逐語的な訳では不自然な日本語になる。本研究ではこのような文を学習者が正しく訳すことができるかを調べた。参加者は専門学校生であった。実験1(N=17)では,先のような英文に対する和訳を求めたところ,正しく訳せない解答(無記入,過度な省略,文意の取り違え)が多かった。実験2(N=15)ではCan you hear me? を「私の『声』が聞こえますか」のように必要な言葉を加えて訳した文を提示し,正誤判断を求めた。この文は正しい意味を表わしているが,実験参加者にはこのような文を「誤りである」と判断する者が多くいることが示された。また,両実験で教材文を作成して介入を行った。教材文では,池上(1984)を援用し,英語の「人間志向」と日本語の「モノ/コト志向」についての説明を行った。例えば,英語ではWe are closed on Sundays. という表現も,日本語では日曜日は閉店であることを意味するということを説明した。介入の結果,事後には正しい訳ができる(あるいは語を加えた訳であっても正しいと判断できる)者が大幅に増加した。

宮田佳緒里
〔キーワード〕ルール学習,構成要素,力のつりあい,大学生
力学分野の問題解決の先行研究より,学習者が力を正しく認知できないという知見が得られている。これに基づき,本研究では大学生84名を対象に「行為者」と「物体の運動」という構成要素に基づく力の認知が,2力のつりあいルールの事例での2力認知を妨害するかを検討した。その結果,2力非明示問題において,行為者が存在する事例,物体が運動する事例での2力認知率が高かったことから,学習者の力の認知には,事例における行為者の存在及び物体の運動という2要因の関与が示唆された。また,ルールの所有状況と2力認知の有無との間に有意な連関が見られなかったことから,2力のつりあいルール所有者も非所有者と同様に,行為者と物体の運動に基づいて力を認知しており,ルールを適用できる事例が限定的になっていることが明らかになった。以上の知見から,行為者と物体の運動に基づいて力を認知することが,事例における力の認知に制約を与え,結果としてルールの適用が阻害されると推察された。

佐藤誠子
〔キーワード〕具現化,面積判断,公式の操作,乗法性,大学生
相似図形の面積に関して,「図形をk倍に拡大すると面積はk2倍になる」というルール(2乗倍ルール)が存在する。それは,「縦×横=面積」という公式の変数操作により導出されるものであるが,基本的な幾何的図形の面積学習後でも2乗倍ルールを適用した解決がなされにくいことが先行研究により示されている。本研究では,そのような公式変数の操作を具体的な物としての操作に変換して教示すること(具現化)が適切な面積判断を促進させるか否かについて,大学生を対象に検討した。具体的には,拡大前後の図形に丸粒シールを敷きつめ,各図形に敷きつめられた粒の個数を比較させることにより面積変化を捉えさせた。短大生28名を対象に検証した結果,適切判断は図形の拡大場面の一部において促進されたが,長さの数値を示した拡大場面や図形の縮小場面では必ずしもそうではなかった。そしてこの課題成績の違いは,事前の面積判断で定量的側面への着目にとどまったか,定性的側面にまで着目しえたかに依存することが示された。ルールに依拠した適切判断のためには,具現化による定量的な面積理解を定性的な変数間関係として捉えなおす段階が必要となることが示唆された。

伊藤桂文,岡田いずみ
〔キーワード〕操作水準,関係操作,数値操作,中学生
学習者が学ぶ知識は,必要な場面で適切に使用されることが重要であるが,そうでない場合も多くあるのが現状であろう。工藤(2003,2005)は,知識を適切に利用できるか否かには「操作水準」の高さが関係することを指摘した。本研究は操作水準を高めるための介入を行い,課題解決を促進しようとするものである。標的問題は「面積を○㎝2の長方形をコピー機でk倍に拡大すると面積は何㎝2になるか」という問題を用いた。この問題については図形をk倍に拡大するとその面積もk倍になると誤ってしまうことが指摘されている。介入は中学生を対象に3群を設定した。①関係操作に加えて作図を行う群,②関係操作を行う群,③数値操作を行う群であった。関係操作とは変数間の関係を考える操作、数値操作とは数値を代入して答えを求める操作である。介入前後の操作水準得点を比較したところ,①群と②群の操作水準が高まっていた。関係操作の練習を行うことが操作水準を高めたと言える。また,標的問題の正答数は,①群で正答者数が有意に増えていた。関係操作の練習に加えて,その内容を学習者が確認できるようにすることで課題解決が促進されることが示唆された。

江川克弘
〔キーワード〕動機づけ,模倣,小集団学習
学校に関する様々な調査から,子どもたちの学習意欲ならびに読解力の低下が報告されている。教育現場では,読解の苦手な児童に容易に適用でき,学習への動機づけを高め,読解力を伸ばすことのできる学習方法が必要とされている。そのような学習方法の1つとして,本研究では,「小集団学習に模倣を取り入れた学習方法」を取り上げ.その有効性を検討した。学習方法適用群と不適用群を設定し,各群で読解の苦手な児童を1人,対象児として選定した。適用群と不適用群で,対象児の事前・事後の国語科の授業中の行動・読解テスト成績について比較を行った。結果は,適用対象児の方が模倣により,学習への動機づけが高まり,読解力も伸びていた。また,適用群と不適用群で事前・事後の読解テスト成績の群間比較も行った。結果は,事後テストにおいて,適用群の方が有意に高い成績であった。また,適用群の児童と担任に,本研究の学習方法の有効性について質問紙調査も行った。結果は,児童も担任も概ね有効性を感じていた。以上のことから,本研究の学習方法は,どのような子どもにも容易に適用でき,学習への動機づけも読解力も高められるものであることが示唆された。

工藤与志文
〔キーワード〕ルール学習,操作的思考,変数操作,関係操作,抽象度操作
近年,学習者によるルール命題の心的操作がルール学習に影響するという研究報告が増加している。本論文では,操作的思考の生起がルール学習においてきわめて重要であること,そして,これまでの研究において操作的思考が注目されてこなかった理由の1つに,研究者側のルール学習観が限定的であったことが関係していることを論じた。さらに,操作を変数操作,関係操作,抽象度操作の3つに分類する枠組みを提案した。最後に,操作的思考とルール学習に関する最近の研究を概観し,今後の研究の方向性について示唆をおこなった。

知久馬義朗
〔キーワード〕言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験,体験,法則学習
言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験の3者を有機的に関連付け,内容を設計し配置した教材を構成しないと,すべての子どもが基本的で重要な科学概念・法則を獲得し,かつ自発的な仮説検証的活動を示すことは実現できない。テキスト『低地の利用』は構成に際してこの点が欠落していたが,第3版にいたって言葉の操作と科学者の体験が十分に吟味,用意された状態にいたったため,この版を用いた授業は生活者の体験の役割を検討できる格好の事例を提供している。その授業はかなりの成果を収めることができたが,同時に生活者の体験が欠落していたことに起因する問題も認められた。この問題に対処した第4版での対策は,3者の充足が必要という観点がなお欠落していたため,生活者の体験の設計,配置としては不十分なものに終わったが,生活者の体験に類似した性格を帯びてもいたその対策の効果を検討したところ,第3版で認められた欠陥は克服され,また自発的な仮説検証的活動の発生も一部に認められた。ただし,こうした成果はすべての子どもにまでは及ばなかったため,内容,配置の変更を行うことで,生活者の体験としての性格づけを十分に行うことが必須と考えられた。