コンテンツへスキップ

知久馬義朗,加納明里
〔キーワード〕科学概念,言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験,体験
科学法則の獲得に及ぼす①言葉の操作,②科学者の体験,③生活者の体験の影響を検討する目的で,光の直進性を主題とする実験を行った。①②③を実施する群,①②を実施する群,①③を実施する群,①のみ実施する群を設け,国立大学生を被験者とした。事前テスト時点では全被験者が直進性をまったく理解できていなかった。事後テストその他から,以下の点が明らかになった。⑴言葉の操作だけでは,学習の効果はまったく生じない。⑵言葉の操作と体験が実施されれば,体験の種類に関わらず,相関法則を用いる判断はできるようになり,単純な問題は,満点に近い水準で解決できるようになる。⑶生活者の体験,言葉の操作,科学者の体験が付加されるだけだと,因果法則を用いる論理操作はできるようにはならず,複数の法則の同時適用が必要な複雑な問題事態では,解決が極めて困難になる。⑷ごく一部の学習者に限っては,言葉の操作と科学者の体験が実施されれば,因果法則を用いる論理操作が可能になるが,複数の法則の関係を把握した上でそれらを同時適用することはできず,複雑な問題事態でも単一の法則に限って適用できる水準に留まる。

知久馬義朗,井澤由利香
〔キーワード〕 言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験,法則学習,数概念
<p> 様々な量を分類出来るためには,それ以前に量と結びついた数概念を形成する必要がある。そのためには, ①様々な性質を条件とした集合を複数作り, ②各集合を作る際の性質をすベて無視し ,量だけに着目して上位集合を作り, ③複数の上位集合間で量の異同判断が出来るようになることが必須である。①②は③の前提であるが, 本研究では,現在極めて不十分にしか配慮されていない①②の充足に焦点を当てたテキストを構成し,その妥当性を検討した。構成に当たっては,「仲間分け」「分け直し」「囲み分け」の概念形成を実現するための法則群の設定,及び言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験の3者の設計とその有機的関連づけに特に留意した。入学直後の公立小1年生に13時間の授業を行い,種々の点で難度に差のある問題で構成された事後テスト,自発的な仮説検証的活動の発生,とりわけ発展性のあるそれの発生を基準に授業の効果を判定した。事前には簡単な仲間分け以外は一切できなかった子らが,事後テストでは全員が全問に完全正答(個数を条件とした囲み分けを含む。)した上で,発展性のある自発的活動も多く確認され,極めて早い段階での集合数の成立も確認され,本研究は完璧な成果を収めた。</p>

知久馬義朗
〔キーワード〕言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験,体験,法則学習
言葉の操作,科学者の体験,生活者の体験の3者を有機的に関連付け,内容を設計し配置した教材を構成しないと,すべての子どもが基本的で重要な科学概念・法則を獲得し,かつ自発的な仮説検証的活動を示すことは実現できない。テキスト『低地の利用』は構成に際してこの点が欠落していたが,第3版にいたって言葉の操作と科学者の体験が十分に吟味,用意された状態にいたったため,この版を用いた授業は生活者の体験の役割を検討できる格好の事例を提供している。その授業はかなりの成果を収めることができたが,同時に生活者の体験が欠落していたことに起因する問題も認められた。この問題に対処した第4版での対策は,3者の充足が必要という観点がなお欠落していたため,生活者の体験の設計,配置としては不十分なものに終わったが,生活者の体験に類似した性格を帯びてもいたその対策の効果を検討したところ,第3版で認められた欠陥は克服され,また自発的な仮説検証的活動の発生も一部に認められた。ただし,こうした成果はすべての子どもにまでは及ばなかったため,内容,配置の変更を行うことで,生活者の体験としての性格づけを十分に行うことが必須と考えられた。

知久馬義朗,中馬和彦
流通経済史の基本的法則の学習テキストを開発した。構成にあたっては,言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験の3要素の充足と有機的関連づけに配慮した。授業の結果,ほぼ全員が法則を問題解決に正しく適用できるようになったことが確かめられたが,自発的な仮説検証的活動の成立までは認められなかった。生活者の体験については,所期の期待通りに,日常生活の延長線上にある体験を全身的活動として行うことで,問題解決に必要な前提を造り出せることが確認された。言葉の操作については,法則の適用と使い分けに習熟する問題演習の必要性が示唆された。科学者の体験については,法則の正しさを直接支えるデータ群の処理に関わるだけでなく,全身的活動を通して子どもたちが雑多なデータ群を効率よく獲得できることが重要と考えられた。
〔キーワード〕言葉の操作,生活者の体験,科学者の体験,法則学習,テキスト

知久馬義朗
〔キーワード〕科学教育,言葉の操作,視点,生活者の体験,科学者の体験
科学の学習を援助する場合、第一に、重要で基本的な法則を教えようとすることが肝要である。第二に、言葉の意味も、言葉の操作を支える体験も、「科学者の視点」と「生活者の視点」で分類しなければならない。第三に、子どもたちに求める「言葉の操作」が、言葉の意味を「生活者の意味」から「科学者の意味」に転換し、法則を定立し、法則と事例、例外との関係を成立させ、さらには法則と法則を関係づけるのに適切な内容を持つことを、十分に吟味する必要がある。第四に、授業の冒頭では「生活者の視点に立った体験」を行い、その後「言葉の操作」を導入し、それを「科学者の視点に立った体験」が支え、三者の循環的な相互促進をはかることが大切である。工作法にもとづいて複数の教材開発ならびにそれらを用いた授業を行った結果、上記の四条件を充たすことが授業で子どもたちの学習を成功に導く可能性の高いことが、強く示唆された。