コンテンツへスキップ

麻柄啓一,進藤聡彦
〔キーワード〕 操作,読解,誤認識,歴史学習,大学生
本研究では「徳川幕府は全国の大名から年貢を取っていた」という誤った認識 (麻柄,1993)を取り上げる。高校の教科書では, 例外として一定期間「上げ米 (大名がその石高の1%を徳川家に差し出す) 」が行われたことが記述されている。ここで, 「○○の期間には××が行われた 」 (命題a) に接したとき,これを「○○ 以外の期 間には××は行われなかった」という形(命題b)に論理変換できれば,先の誤りは修正される可能性がある。実験1では大学生62名を対象にこの関連を検討したところ, 年貢の行方を問う問題 (標的問題) での正答者は誤答者より, 命題の変換に優れている傾向が示唆された。実験2では大学生34名を対象に, 論理変換を援助することにより誤った認識の修正が図られるか否かを検討した。その結果, 援助が誤った認識の修正を促進する効果をもつことが確かめられた。知識表象を変形することは操作と呼ばれるが (工藤,2010),上記の論理変換も操作の1つであり,操作の成否が誤った認識の修正に関わることを示すものとなった。

舛田弘子
〔キーワード〕説明的文章,読解,道徳的スキーマ(MRS),結論,適切性判断
本研究の目的は,短い文章を提示し,それへの結論の選択及び結論の自由記述によってMRS的読解の生起を確認し,加えて適切な結論に対する研究参加者の判断との関連を検討することである。大学生55名を対象に,文章の読解と選択肢による回答,および結論の自由記述を行ってもらった。結果として,以下のことがわかった。即ち,①100字程度の短い文章においても,不適切な道徳的読解(MRS読解)が生じる。②結論を記述する方が選択肢によって選ぶよりもMRSに親和的になりやすい傾向がある。③「自分の意見を,興味深い形で提示する」ということ,加えて「結論には文章から学べることを書くべき」という意識,あるいは「教訓を読み取れること」が,良い結論としての条件であるととらえられている事が推測される。

舛田弘子
〔キーワード〕説明的文章,読解,観点,道徳的読解スキーマ(MRS),文章依存性
異なる2種類の説明的文章を用いて,MRSの活性化における文章依存性の有無を検討した。被験者は,大学生女子63名であり,前期の講義中に材料文①,後期の講義中に材料文②の読解と質問への回答が行われた。結果として,MRSは特定の説明的文章にのみ観察されるものではなく,様々な説明的文章に現れる可能性のあるものであることが確認された。加えて,MRSは特定の読者が一貫して活性化するものというよりは,文章内容によって活性化が生じる場合と生じない場合がある可能性が示された。ただし,MRSの活性化を一貫して生じない読者が存在することが推測される。また,不適切な読解を行った読者と,適切な読解を行った読者との間に,MRS活性化に関して有意な差はなかった。MRSの活性化と深い関わりがある読解として,読者は文中の曖昧な表現を単純化し,著者の主張部分を積極的に読み取っている傾向が示唆された。</p>

舛田弘子
〔キーワード〕説明的文章,読解,観点,道徳的読解スキーマ(MRS)
本研究は,説明的文章の読解に及ぼす「観点」の影響を調べたものである。調査1では,被験者は,説明的文章について,要約文と意見文を書くよう教示された。要約文によって読解内容が,意見文によって観点が測定された。主な結果として,要約のIUと連接関係から,文章の拾い読みを行っている可能性のある読者が,全体の半数程度であることがわかった。また,適切に読解を行った群の方が主旨をよりよく記述していたのに対し,不適切な読解を行った群では,道徳・教訓的などの不適切な観点を示す傾向があった。調査2では,被験者は,調査1と同じ文章について,著者の意図を回答するよう教示された。この課題によって,文章の理解を促進させることが意図された。結果として,適切な読解を行った群は6割未満であり,この課題に適切な読解を行わせる有意な効果はなかったことが示された。適切な読解を行った群は,不適切である群と比べて,観点数が少なく,観点の質では,より適切であることが示された。これらの結果から,「説明的な文章の読解の不適切さ」は,「形式的・事実確認的な読み」に失敗したために,読者が自分なりの不適切な「観点」,例えば「Moral Reading Schema:MRS」などを多用したことの結果として生じたと考えられる。