日本教授学習心理学会 理事・監事選挙規程

第1条 本規程は会則11条および同14条に基づき、会員による理事および監事の互選の方法を定める。
第2条 全会員の無記名投票による選挙の結果、理事の過半数と監事2名を選定する。
第3条 理事会で定める基準日の時点で会員資格を有する者が選挙権、被選挙権を有する。
第4条 改選前理事会は、理事および監事の任期終了までに選挙管理委員を委嘱する。
第5条 選挙管理委員は改選前理事・監事の任期終了までに、第3条に定める会員に対し選挙を告示し、投票により候補者の推薦を受け付ける。
2 会員は、3名以内の理事および1名の監事の推薦を行うことができる。
第6条 選挙管理委員は、前条による投票の開票結果を改選前理事会に報告する。この結果に基づき、改選前理事会は次の会員を理事または監事候補者とする。
2 理事は、得票数の多い会員から現理事数の過半数以上を候補者とする。なお、得票数が同じ場合には抽選により順位を付し、改選前理事会が判断した必要数までの会員を順に候補者とする。
3  改選前理事会は、会則10条に基づき妥当な理事数を判断し、本条2項による候補者の不足分にあたる員数を理事候補者として推薦する。
4 監事は、第2項の理事候補者を除き、得票数の多い会員から2名を候補者とする。なお、同得票数の場合には抽選により順位を付し、2名までを候補者とする。
5 本条により選出された理事、監事候補者のうち、辞退者が出た場合には改選前理事会は不足分の理事・監事候補者を推薦することができる。
第7条 選挙管理委員は、選挙実施年度の総会において第5条の候補者を報告するとともに、信任の是非を諮る。
第8条 総会において信任を受けた理事は、機関紙等により全会員に通知する。

付則 本規程は2007年4月1日より施行する。

問い合せ先

  • ・学会に関して
    学会事務局
    東北大学
    大学院教育学研究科

  • ・学会誌に関して
    編集委員会事務局

  • ・年会に関して
    年会準備委員会

  • ・このサイトに関して
    HP管理者
Powered by Movable Type 6.3.3