『教授学習心理学研究』 編集規定

1.本誌は日本教授学習心理学会の機関誌であり、年1巻、2号に分けて発行する。
2.本誌は教授学習心理学に関する論文の発表にあてる。
3.本誌に原著論文、実践報告(以上まとめて論文と呼ぶ)、投書欄、広報などの欄を設ける。
4.本誌は、小・中・高校における教育をはじめ、幼児教育、高等教育を含む広義の学校教育における具体的な実践の中で教育目標の実現を目ざした実証的研究を中心に掲載する。また、教育目標の実現と関係する限りにおいて、理論的研究、実験的研究、事例研究も掲載する。
5.本誌の編集は「教授学習心理学研究」編集委員会がおこなう。
6.編集委員は理事会の議を経て理事長が委嘱する。
7.編集委員会に委員長、副委員長各1名をおく。委員長・副委員長は編集委員の互選による。
8.掲載にあたり、編集委員会による審査をおこなう。
9.投稿者は審査結果に異議がある時、編集委員会に書面により反論を申し述べることができる。それに対し、編集委員会は書面により回答する。
10.教育実践で得られた重要な事実の報告を主たる目的とする論文は「実践報告」として掲載される。掲載の可否は、報告された事実が今後の教育実践あるいは教授学習心理学研究に対してなし得る貢献度を基準に編集委員会で判断する。(第2回理事会)
11.本誌掲載の原著論文に関する情報交換を活発におこなうために、投書欄を設け、論文に対するコメント(質問、反論を含む)ならびに著者からの返答を掲載する。掲載の可否は、論文に関する議論への貢献度を基準に編集委員会で判断する。
12.採択論文の印刷に要する費用は原則として本学会の負担とする。
13.本誌に掲載された論文の著作権は本学会に帰属する。本誌に掲載された論文を無断で複製ないし転載することを禁ずる。
14.本誌の編集事務は日本教授学習心理学会事務局でおこなう。

問い合せ先

  • ・学会に関して
    学会事務局
    東北大学
    大学院教育学研究科

  • ・学会誌に関して
    編集委員会事務局

  • ・年会に関して
    年会準備委員会

  • ・このサイトに関して
    HP管理者
Powered by Movable Type 6.3.3