2015年度 日本教授学習心理学会 国語科授業研究会

 本学会員による授業の共同研究を推進することを目的に、「国語科授業研究会」を開催いたします。ぜひご参加ください。

◎対象作品:小説「走れメロス」(太宰治)
◎研究課題:物語や小説を読むことについて、学習指導要領では、内容や表現の仕方について根拠を明確にして自分の考えをまとめ、他者と感想を交流し、作品の批評(評価)を行うことが求められている。しかし、学習者の多くは、内容や表現を必ずしも正しく踏まえないまま、徳目にとらわれた表面的な読みに終始して、作品の批評もままならないことが指摘されている。そこで本研究会では、当学会で提案された指導法の一つである「謎解き読み」に焦点を当て、上の問題に対するこの方略の効果検証を念頭に、次の課題を検討する。

  1. 「謎解き読み」は、作品の内容や表現への精緻な把握を促すか。
  2. 「謎解き読み」は、他者との感想の交流、ならびに作品の批評を活性化するか。
  3. 「謎解き読み」は、学習者が自成した当初の考えを変容させうるか。

◎運営委員会メンバーおよび授業者
 作間慎一(元玉川大学:委員会代表)
 黒岩督(兵庫教育大学)
 荒井龍弥(仙台大学)
 佐藤淳(北海学園大学:本事業担当理事、事務担当)
 舛田弘子(札幌学院大学)
 吉國秀人(兵庫教育大学:事務担当)
 授業者:佐藤大祐(旭川藤女子高等学校)

◎研究会の会場・日程など
 会場:旭川藤女子高等学校(070-0901 北海道旭川市花咲町6丁目)
 日程:

  • 第1回 10月17日(土) 14:00~18:00
    授業プランの趣旨説明と骨子の検討、事前調査・評価課題素案の検討を中心に行う。
  • 第2回 11月下旬(詳細未定)
    授業プラン原案検討、事前調査・評価課題原案の検討を中心に行う。
  • 第3回 1月下旬又は2月上旬(詳細未定)
    授業結果および評価課題結果の報告と検討を中心に行う。

 なお、授業は12月~1月に実施予定。

※参加について
 参加費は無料ですが、予約参加制とします。参加希望される方は必ずメールにてお申し込みください。なお、会員外の参加も認めます。
申込連絡先:kokugo * japtl.org
 *をアットマークに変えてお使い下さい。
 事務担当:佐藤淳(北海学園大学)

※研究成果の公開
 研究会の成果は『2015年度国語科授業研究会 研究報告』として刊行する予定です。