授業に学び、授業を創る!

個人情報について

  1. 個人情報の保護方針
    本学会事務局(以下、事務局)は、会員個人に関する情報(以下、「個人情報」と言います)の収集にあたり、収集・利用・提供目的を明らかにし、目的達成に必要な情報に限定して、適切に取り扱います。
  2. 個人情報の利用目的
    事務局がお尋ねする個人情報は、会務処理に必要なもの等、以下の4つの目的で利用します。
    (1)本学会または事務局からのお知らせをメール配信するため
    (2)会員同士の情報検索を行うため(公開を希望する項目のみ)
    (3)サービスの内容を、より充実したものにするため
    (4)学会活動支援のため(公開を希望する項目のみ)
  3. 個人情報の第三者への開示・提供
    事務局は、以下の場合に限り利用者の個人情報を第三者に開示・提供することがあります。
    (1)会員ご本人から開示・提供についてあらかじめ同意を頂いた場合
    (2)法令、裁判所の要求等により必要な場合
  4. 本学会並びに事務局が保有する個人情報の開示・訂正・利用停止等のご請求について
    会員は、事務局に対し、会員ご自身に関する保有個人情報の開示・訂正・利用停止等を求めることができます。
    個人情報への不正アクセス、または紛失・破壊・改ざん・漏洩等のリスクに関しては、合理的な安全対策を講じます。
  5. 個人情報の安全対策
    個人情報の安全性を確保するため、以下の対策を実施します。
    (1)個人情報の利用目的に応じ、個人情報を取り扱う者を特定し、安全範囲内での取扱いを行います。
    (2)個人情報を正確かつ最新の内容に保ちます。
    (3)個人情報の授受や廃棄なども含め、情報セキュリティ体制及び組織管理体制の両方から安全対策を講じます。
    事務局は、個人情報の紛失、誤用、改変を防止するために、権限の無い者がアクセスできない環境の下に個人情報を保管します。
    会員ご自身の個人情報に関する開示、誤りの訂正、更新、または削除のご要請・お問い合わせにつきましては、個人情報保護の観点より、登録メールアドレス等の照会によって、会員ご本人であることが確認できた場合に限り対応致します。
    個人情報を外部に提供する場合は、提供先に対しては個人情報の取扱いに関する安全対策が講じられていることを条件とし、事務局と同様の情報管理を行うよう義務を課し、管理を徹底いたします。

掲載内容について

  • このサイト(http://w31.japtl.org/https://ssl.japtl.org/、並びに、http://w31.japtl.org/journal/)は、日本教授学習心理学会JAPTLの旧公式ホームページです。
  • このサイトは、日本教授学習心理学会Web担当理事が管理、運営しています。
  • このサイトから、日本教授学習心理学会以外のサイトにリンクがある場合、リンク先の内容およびリンク先のサイトを利用したことで受ける損害について、日本教授学習心理学会は責任を擁しません。
  • このサイトに関するご意見・ご感想などは、hpadmin @ japtl.orgまでお寄せください。
  • 掲載内容は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

 

我々の決意

幼児教育から高等教育の中で営まれる教授学習活動を対象にし、因果関係や相関関係を明らかにするという研究目標のみならず、学習につまずいている学習者たちを援助して一定の行動の獲得を可能にするという教育目標を実現するための研究活動を積極的に行う。

教師の視座に立ち、学習者の学習を有効適切に援助するための教材内容を重視した研究を行う。

学習者の行動の変化によって自らの援助行動の可否を確認するといった行動科学における実証主義的な接近方法を採用した研究を行う。

設立趣意書

今般の学校教育をめぐる状況を見ると、理科離れの問題、学力低下問題、授業崩壊や学校崩壊と呼ばれる事態の出現など、関係者の総意を結集して解決しなければならない問題が山積しています。こうした問題となる現象の生起には多くの要因が関与しているのでしょうが、学校教育の中で授業として行われている教授学習過程がうまく機能していないことが、これらの現象に共通した原因としてあげられると思います。事実、児童生徒、学生からは学校の授業がわからない、つまらない、ついていけないという声が聞かれます。また、先生からは有効適切な教授プログラムについての提案をしてほしいといった声が聞かれます。
こうした状況にあって、私たち教授学習過程を対象として研究活動をしている研究者には、上述したような現実的な問題の解決に貢献できるような研究を行い、その結果を相互の研鑽を通じて知的財産として共有するとともに、積極的に学校や社会に向けて発信していくことが求められています。また一方で、私たちはそうした責務を持っていると考えます。
学校や社会の要求に応え、我々自身の果たすべき責務を十分に果たすために、私たちは、以下のことを決意しました。

1)幼児教育から高等教育の中で営まれる教授学習活動を対象にし、因果関係や相関関係を明らかにするという研究目標のみならず、学習につまずいている学習者たちを援助して一定の行動の獲得を可能にするという教育目標を実現するための研究活動を積極的に行う。2)教師の視座に立ち、学習者の学習を有効適切に援助するための教材内容を重視した研究を行う。
3)学習者の行動の変化によって自らの援助行動の可否を確認するといった行動科学における実証主義的な接近方法を採用した研究を行う。

私たちはまた、上述のような研究の成果を持ちより相互の研鑽を行う場、知的財産として共有する場、学校や社会への情報発信の場として、日本教授学習心理学会を設立しようと決意しました。
多くの志を同じにする研究者、学校教員、教育関係者の皆さんがこの学会の設立に参集して下さることを願い、学会の設立を呼びかけます。

 

発起人
代表 宇野 忍 (東北大学) 教授学習心理学
荒井 龍弥 (仙台大学) 教授学習過程心理学
知久馬 義朗 (熊本大学) 教材開発、授業研究
藤村 宣之 (埼玉大学) 教授学習心理学、発達心理学
深谷 優子 (東北大学) 教授学習心理学
伏見 陽児 (千葉大学) 教授学習心理学
本間 明信 (宮城教育大学) 教授学
菊池  明 (綾瀬市立寺尾小学校) 授業研究
小林 好和 (札幌学院大学) 文学教材の教授・学習科学
小石川 秀一 (村田町立村田第三小学校) 理科教育
工藤 与志文 (札幌学院大学) 学校教育心理学
久米  弘 (九州大学) 教育工学
麻柄 啓一 (早稲田大学) 教授学習心理学
舛田 弘子 (札幌学院大学) 言語コミュニケーション心理学
森藤 義孝 (福岡教育大学) 理科教育
中野 和光 (広島大学) 教育方法学
西林 克彦 (宮城教育大学) 教育心理学
小野寺 淑行 (東北大学) 教授学習心理学
齋藤 裕 (県立新潟女子短期大学) 教授学習過程論
作間 慎一 (玉川大学) 教授学習心理学
佐藤 淳 (北海学園大学) 教授学習心理学
佐藤 康司 (盛岡大学) 教授学習心理学
進藤 聡彦 (山梨大学) 教授学習心理学
白井 秀明 (東北福祉大学) 教授学習心理学
高垣 マユミ (鎌倉女子大学) 教授学習心理学
立木 徹 (茨城キリスト教大学) 教授学習心理学
研  攻一 (羽陽学園短期大学) 教育実践論
内田 伸子 (お茶の水女子大学) 発達心理学
吉國 秀人 (鹿児島県立短期大学) 教授学習過程論
順不同