教授学習過程研究会・9月例会

担 当 者
連 絡 先     舛田弘子
hmk @ sgu.ac.jp
目  的     教授学習過程に関連した研究発表を行い研究交流を図ること
開催日時     2005年9月16日(金)15時より18時まで
場  所     札幌学院大学 3号館3−311会議室
北海道江別市文京台11 011−386−8111(代表)
出席予定者数     10〜20名
プログラム

* 研究発表(エントリー順)

1. 佐藤 淳氏(北海学園大学) 15:00〜15:50
1. ルール適用の促進を意図した「判断の不確定性」低減方略の検討(2)
−植物生殖ルールの場合−(仮)
2. 需給ルールにおける「判断の不確定性」について(仮)
2. 荒井龍弥氏(仙台大学)
白井秀明氏(東北福祉大学) 16:00〜16:50
小学生の重さ・体積判断に及ぼす物質の基礎概念学習の影響
−6年単元『ものの燃え方』を対象として−
3. 舛田弘子氏(札幌学院大学) 17:00〜17:50
大学における授業改善の試み
−「個別学習記録」を用いて−(仮)

* その他

(研究会事務局:荒井・白井・舛田)

 


研究会報告

教授学習過程研究会 札幌9月例会が、2005年9 月16日(金)15:00−18:00、北海道江別市の札幌学院大学【世話役:舛田弘子(札幌学院大学)】において開催されました。出席者は8名でした。翌日から、札幌学院大学の隣、浅井学園大学にて、日本心理学会第47回総会が開催されることもあり、遠方の方にもご参加いただき、活発な議論が行われました。当日の発表題目は下記の通りです。

1. 佐藤 淳氏(北海学園大学)
(1)ルール適用の促進を意図した「判断の不確定性」低減方略の検討(2)
−植物生殖ルールの場合−
(2)需給ルールにおける「判断の不確定性」について
−事前調査−
2. 白井秀明氏(東北福祉大学)・荒井龍弥氏(仙台大学)・工藤与志文氏(札幌学院大学)・宇野忍氏(東北大学)・佐藤淳氏(北海学園大学)
小学生の物質の基礎概念学習に及ぼす燃焼前後の質量保存学習の影響
−6年単元『もののもえかた』を対象として:第一報−
3. 舛田弘子氏(札幌学院大学)
大学における授業改善の試み
−「リアクションペーパー」と「個別学習記録」を用いて−

次回は、2006年3月25日に仙台での例会を予定しております。多くの皆さんのご参加をお待ちしております。


Comments are closed