教授学習過程研究会・仙台5月例会のお知らせ(2010.4.19)

表記の研究会が5月29日(土)に宮城県仙台市の東北大学で行われます。

詳しい内容は以下の通りです。
どうぞふるってご参加ください。

○日 時   2010年5月29日(土) 14:30-17:10
○場 所   東北大学大学院教育学研究科(文科系総合研究棟)7階 701号室
(教授学習科学共同研究室・工藤研究室向かい)
○研究発表(エントリー順)
1.舛田 弘子(札幌学院大学)
「教職志望の学生たちは地域の子どもたちとの連携活動(SGU遊べンチャー)から何を学んだか(仮)」
(14:30~15:20 50分)

2.佐藤 友紀(札幌学院大学) 発表:工藤 与志文(東北大学)
「大学生の三態変化に関する誤認識-超高温・超低温でも三態変化しないか?-」
(15:20~16:10 50分)

(休憩:10分)

3.山口ちひろ・宇野 忍(仙台白百合女子大学) 発表:宇野忍
「レンズと像に関するルールの学習に及ぼすカメラ教材の影響」
(16:20~17:10 50分)

*発表者の持ち時間を記載しました。発表・議論等の目安としてください。
*発表者は、資料を20部ご用意ください。
(研究会事務局:荒井・白井・工藤)


Comments are closed