第6回年会のお知らせ(第1号通信)

明けましておめでとうございます。新しい年を迎え,会員の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて,日本教授学習心理学会は来年度で発足から6年目を迎えます。来る第6回年会は,第3回年会に続き2度目となる北海道・札幌の地で開催することになりました。開催期日は,2010年7月18日(日),19日(月・祝)の2日間です。会場は北海学園大学です。手狭ではありますが,札幌市中心部からきわめて交通至便な場所にありますので,どうか奮ってご来札ください。
北海学園大学は,1885年創立の北海英語学校を祖とする道内最古の私学ですが,心理学教育の歴史は比較的浅く,1970年に経済学部に産業心理学研究室を開設して以来,その分野を中心とした研究・教育を進めてまいりました。現在では,経営学部に行動科学系,経営学研究科に組織心理分野をおき,スタッフ8名により運営がなされています。しかし,そのような系譜を辿ったためか,いまだ教授学習心理学研究への理解が十分に浸透しているとは申しがたい現状にあります。それゆえ,ぜひ皆様にお力添えいただき,「学ぶこと」「教えること」を研究する重要性,そしてその大いなる豊かさとを,私どもにもお伝えいただければ大変幸いに存じます。
また,このたびの開催にあたっては,第3回を担当された札幌学院大学の皆様にご助力いただけることになりました。その際のノウハウを教えていただきながら,充実した年会となりますよう準備を進めて参りたいと存じておりますので,会員の皆様からのご支援もなにとぞよろしくお願い申し上げます。
7月の北海道は年間を通して最も良い季節です。多くの会員の皆様のご参加とご発表とをお待ち申し上げております。

2010年1月
日本教授学習心理学会第6回年会準備委員会
委員長  佐藤 淳 (北海学園大学)
準備委員 舛田 弘子(札幌学院大学)
小林 好和(札幌学院大学)

Ⅰ.会期・開催担当校・会場
1.会期:2010年7月18日(日),19日(月・祝)の2日間
2.開催担当校:北海学園大学(〒062-8605 札幌市豊平区旭町4-1-40 ℡011-841-1161(大代表))
3.会場:北海学園大学豊平キャンパス7号館4階フロアを予定しています。詳細は今後の通信でご案内いたします。

Ⅱ.内容
1.研究発表:すべて口頭発表で行います。
(1)発表の方法:発表内容を口頭で報告いただき,それをもとに発表者と質問者の間で討議を行っていただきます。お1人あたりの持ち時間は30分(発表15分,質疑15分)を予定しています。
(2)発表の用件:予稿集への論文掲載,口頭発表,質疑への参加という3条件を満たすことによって公式発表として認められます。
(3)発表資格:
ア)2010年3月31日現在,日本教授学習心理学会の会員であり,2010年度会費を3月31日までに前納していなければなりません。
イ)会員外の方の連名発表は可能です。その場合には,責任発表者が非会員の連名発表の申し込みと非会員連名発表費を納入することになります。また,非会員連名発表者が年会に出席する場合は年会参加費を受付で納入していただきます。
ウ)責任発表者(単独発表者も含む)になるのは一人1回に限ります。ただし,連名発表者はこの限りではありません。なお,プログラム編成上,連名発表者に関しては発表時間が重複することがありますことをご承知おき下さい。
エ) 責任発表者は参加・発表申込用ハガキを3月10日までに,予稿集原稿を5月31日までに郵送してください(Ⅲ.諸手続参照)。
オ) 論文掲載料,ならびに予約参加費を5月31日までに納入してください
(Ⅲ.諸手続参照)。
カ)予稿集原稿は1発表あたりA4判2段組2ページ(約4,000字)を予定しております。

2.公開講演
会期中に公開講演を開催いたします。予定しておりますテーマは,「授業の質的研究はどのように進めるべきか(仮)」(講演予定者 小島康次氏)です。
詳しくは第3号通信(プログラム)でご案内します。

3.会務総会
7月18日に会務総会を開催いたします。会務総会では,2009年度決算,2010年度予算等,重要な案件をお諮りする予定です。会員の皆様のご出席をお願い申し上げます。
4.懇親会
7月18日の夕刻に懇親会を開催いたします。場所は,札幌全日空ホテル3F孔雀の間(〒060-0003 札幌市中央区北3条西1丁目 TEL:011-221-4411)を予定しております。
場所・会費等の詳細につきましては今後の通信でご案内します。

Ⅲ.諸手続
この第1号通信には年会案内の他に,参加・発表申し込み用ハガキ1枚,年会参加費の納入用郵便振替用紙1枚を同封しています。
1.参加・発表申し込み
参加予定の方は口答発表の有無にかかわらず,同封ハガキに必要事項を記入の上,
3月10日(期日厳守)までに50円切手を貼ってご返送ください。
2.諸費用の払い込み
予約参加者,発表者は5月31日(期日厳守)までに,同封の郵便振替用紙を用いて下記の諸費用を払い込んでください。
※この振替用紙で学会の年度会費を払い込むことはできませんのでご注意下さい。

年会参加費       会員   予約参加 6,000円(予稿集代を含む)
会員   当日払い 7,000円(予稿集代を含む)
会員外 当日払い 7,000円(予稿集代を含む)
連名発表費   会員   無料
会員外 1,000円
*1 予稿集は年会参加者には会期中に受付で配布いたします。予稿集のみの購入については会期後に実費でお分けする予定です。
*2 振込先・振込番号は下記のとおりです。
加入者名:教学心学会第6回年会
番号:02760-6-98113
*3 年会参加費を払い込み,当日参加できなくなった場合でも,いったん払い込まれた参加費は返還いたしませんので,ご了承下さい。

Ⅳ 年会等に関する連絡先(なるべくe-mailでお願いいたします)
第6回年会準備委員会が学会の企画・運営,その他にあたっております。連絡は下記までお願いいたします。

宛先:日本教授学習心理学会第6回年会準備委員会
準備委員長 佐藤 淳
住所:〒062-8605 札幌市豊平区旭町4-1-40 北海学園大学経営学部行動科学系
佐藤淳研究室
電話:011-841-1161(代表)内線2764
e-mail:nenkai @ japtl.org

なお,参加・発表申込書等の受け取りや通信の発送,会場準備等に関するお問い合わせも上記までお願いします。

Ⅴ 今後の通信予定
1.第2号通信 2010年4月上旬送付予定
発表申し込み者に原稿作成要領を送付します。
*なお,今回はe-mailによる添付ファイル(Word2003形式)にて原稿受付を行う予定でおりますので,あらかじめご留意ください。
2.第3号通信 2010年6月下旬送付予定
年会プログラムを全会員に送付します。

Ⅵ 宿泊施設のご案内
宿泊施設につきましては,各自でお手配されますようお願いいたします。
なお,会場(北海学園大学豊平キャンパス)は,地下鉄東豊線「札幌」駅より乗車5分(「大通」駅からは乗車4分)の『学園前』駅を下車した地上にあります。
詳細地図は,第3号通信に掲載いたします。


Comments are closed