第8回年会のお知らせ(第2号通信)

日本教授学習心理学会第8回年会 ご案内

(第2号通信)

 

 

年会への参加・発表のお申し込みをいただき,ありがとうございました。

 下記の要領に従い,予稿集のための原稿をご作成の上,517日(木)までに郵送にてお送りください(期限厳守・消印有効)。なお,期限に遅れた原稿や印刷に適合しない原稿,作成要領にあわない原稿等につきましては,発表資格を失うことになりますので,ご注意ください。

                      20123

                      日本教授学習心理学会第8回年会準備委員会

                                 委員長  麻柄 啓一

 

Ⅰ.会期・会場

会期:2012(平成24年)630日(土),7月1日(日)の2日間

会場:早稲田大学 早稲田キャンパス

   〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1

   

Ⅱ.予稿集原稿作成要領

予稿集の原稿は,以下の要領で作成してください。

1.原稿内容は1つの研究のまとまりを考慮し,過剰な量の結果を記載することなどがないようにお願いします。

2.原則として「目的」「方法」「結果」「考察」「文献」などの項目に分け,明確に記述して下さい。例えば「結果の詳細は発表の際に述べる」,「結果については資料を当日配布する」などと書くことのないようにお願いいたします。

3.発表1件あたりの制限とその割り付け

 各発表1件あたり,予稿集の2ページを当てます。作成していただく原稿の1ページは,A4判,横書き,2段組とし,行数は45行,文字数は1行22字です。ただし3行,3字程度の増減を認めます。題目,発表者氏名,所属機関名,key words,本文の割り付けは,次ページの図を参照してください。(実際の大きさはB5判になります)。

4.題目,発表者氏名,所属機関名,key words,本文の記入方法(図を参照してください)

 (1)「題目」は18ポイント〜22ポイント程度の大きさで上から第1行目と第2行目に記述する。

 (2)「氏名」は10.5ポイント程度で第3行目に記述する。また,連名の場合には,責任発表者の氏名の前に○印をつける。

 (3)「所属」は10.5ポイント程度で,第4行目に氏名の下にカッコでくくって記述する。

 (4)key words]は10.5ポイント程度で[所属]の下,5行目に1行のスペースで記述する。

 (5)[本文]は「key words」の行から1行空け,10.5ポイント程度で第7行目から書き始める。

 (6)会員外の連名発表者については氏名の後に#印をつける。

 

予稿集形式.jpg

 

 

5.図と表の記載について

  印刷して仕上がったときの縦横縮小率は87です。この点を考慮して作成してください。図や表の記載についての制限はありませんが,すべてが原稿の枠内に収まるようにしてください。

6.写真

  写真は図として扱いますので,上記の点を考慮して原稿の枠内に貼り付けてください。モノクロ写真に限ります。仕上がりの状態は,ご自分でプリントアウトしてご確認ください。

 

注.原稿記載の誤りは訂正されずにそのまま印刷されますので,作成要領をよく読んで原稿の作成にあたってください。 

 

Ⅲ.原稿送付

1.予稿集原稿は同封の封筒を使ってお送りください。

2.一連発表の原稿を送付する場合には,責任発表者が全員の原稿を一括して送ってください。

3.受け付けた原稿については受領はがきをお送りします。同封のはがきに必用事項をお書きの上、50円切手を貼って原稿といっしょにお送りください。

4.原稿締め切り日は517日(木)です。期限厳守でお願いいたします。

 

Ⅳ.原稿作成・送付についてのお問い合わせ先

169-8050 新宿区西早稲田1-6-1 

早稲田大学教育学部 麻柄 啓一   電話:03-5286-1593(ダイヤルイン)

e-mailnenkai @ japtl.org  *連絡はできる限りe-mailでお願いいたします。

 


Comments are closed